産業機器ソリューション

第32回真空展  VACUUM2010 出展のご案内
 
2010年07月06日
 
 
 
                              
第32回真空展  VACUUM2010 
 
東京ビックサイト2010/09/01-09/03  真空展に出展
 

この度、株式会社アンペール(本社:東京新宿)は、9月1日(水)から3日(金)までの3日間、東京ビッグサイト東4ホールにて開催される「VACUUM2010−真空展」に出展いたします。この展示会は真空機器専門として、欧米を含めて世界最大クラスの展示会です。弊社ブースでは、B−A型電離真空計 タフゲージ 冷陰極型真空計 CCTG 及び ペルチェ関連製品 を展示する予定です

 

 
 
「タフゲージ」、「CCTG(コールドカソードタフゲージ)」を出品
 

この度、株式会社アンペール(本社新宿)は来る91日(水)から3日(金)までの3日間、東京ビッグサイト 東4ホールにて開催される「VACUUM2010−真空展」に出展いたします。株式会社アンペールのブースでは、汚染ガスの中でも電極を清浄に保ち、長期間にわたって感度が落ちず、高精度で圧力を測定できる、信頼性の高い電離真空計 「タフゲージ」 及び、 「CCTG(コールドカソードタフゲージ)」を展示いたします。

尚、期間中は繰り返しの温度変化に対し極めて優れた耐久性がある、スケルトン構造のペルチェ素子 「ユニサーモ」、 各種プレート温調ユニット、及び、ペルチェ温調器を併せて出展する予定です。

 

 

 

開催日時:

2010/9/01(水)~2010/9/03(金) 10:00 ~17:00

開催場所: 東京ビックサイト[有明・東京国際展示場]東4ホール ブースNo.09

ご希望のお客様は本ページ右上 『メールフォームへ』よりお申し込み下さい。

また真空展 特設サイトよりWEBによる来場事前登録が可能です。

ぜひ真空展に、そしてアンペール ブースにご来駕ください。

真空展来場事前登録ページへ
 アンペール展示製品
タフゲージ

電離真空計 「タフゲージ」はグリッド および コレクタ電極を加熱して吸着性の高い分子をはね返す新しい発想のBA型電離真空計です。真空装置内の汚染物質として問題となるフタル酸、アジピン酸、シロキサンの雰囲気中でも感度の低下を抑え、10-7Pa から10Paまでの広範囲の圧力計測を長期間、高精度で測定することが可能です。この『タフゲージ』を出展いたします。

 

『タフゲージ』の特長はこちら ⇒

CCTG 冷陰極電離真空計

「CCTG(コールドカソードタフゲージ)」は、国からの委託を受け、有限会社真空実験室との共同研究開発を進めて参りました。モノ作り基盤技術の高度化に資する革新的かつハイリスクな研究開発の結果誕生した全く新しい正マグネトロン型冷陰極真空計です。

 

 

CCTG研究成果はこちら ⇒

 

 

ペルチェ ユニサーモ

「ユニサーモ」

スケルトン構造のペルチェ素子による熱電素子モジュール「ユニサーモ」は、厚みのあるセラミックで固定する必要がなく、柔軟構造による熱歪緩和ができ、冷却/加熱の繰り返しに強く、高信頼性と長寿命を実現しました。単に製品を販売するだけでなく、お客様の抱えている熱問題を解決するための技術的なアイデアを含むソリューションを提供します。

 

ペルチェ|冷却ユニットはこちら ⇒

■ 本件に関するお問合せ先
アンペール
株式会社アンペール 産業機器営業部

http://fa.ampere.co.jp
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-3 斉藤ビル
TEL: 03-5330-6801 FAX: 03-5330-7027

 
 

このページの一番上に戻る