産業機器ソリューション
産業機器TOP > プレスリリース|SrI2(Eu) シンチレータの販売開始

報道関係者各位

プレスリリース

logo.gif

2014年02月26日

株式会社 アンペール

 

ヨウ化ストロンチウムSrI2(Eu) シンチレータの販売開始


~次世代の高価な放射線測定主要部品が新製法により大幅コストダウン~


SrI2(Eu)シンチレータ

 

 株式会社アンペール(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤田 功、以下 アンペール)は、ユニオンマテリアル株式会社(本社:茨城県北相馬郡、代表取締役:櫻木 史郎、以下 ユニオンマテリアル)が開発したヨウ化ストロンチウム単結晶を低コストで製造する技術を利用したシンチレータの独占販売権を獲得し、製品化、販売を開始します。

シンチレータとは、放射線の入射により蛍光を発する物質の総称であり、放射線検出の主要な部品。ヨウ化ストロンチウムSrI2(Eu)シンチレータは、これまで一般的であったヨウ化ナトリウムNaI(Tl)に比べて2倍以上の高発光出力と、4%以下の優れたエネルギ分解能を発揮する次世代のシンチレータ。しかしながら、これまでは米国RMD社が独占的に販売しており、非常に高価でありました。

ユニオンマテリアルが開発した製造方法は、永年の研究開発の過程で完成した溌液結晶化法に基づくものです。同社は多量に水分を含む安価な材料から結晶を作る技術の開発に成功し、従来の半分の価格での提供が可能となりました。エネルギ分解能と発光感度が高く、雑音が少ないSrI2(Eu)シンチレータを利用すれば、特に、放射線源の核種を正確に判定できるので、放射線測定機器の性能を大幅に改善することが可能です。 アンペールは価格を大幅に下げることに成功した直径25mm長さ25mmのSrI2(Eu)シンチレータを2014年3月から販売開始します。また、別途販売パートナを募集しており、現在3社と契約を進めています。


<詳細>SrI2(Eu)シンチレータ
http://fa.ampere.co.jp/products/scintillator/

 

【提供の背景】

3.11東日本大震災による福島第一原子力発電所の大爆発と炉心のメルトダウンによって、非常に広い範囲に多量の放射性物質が放出されました。この未曾有の大事故およびその後の被害の拡大は、ニュースとして国内だけに留まらず世界中を駆け巡りました。この問題は現在も解決の見通しさえ立っておらず、極めて深刻な状況が続いています。このことから目に見ることの出来ない放射線を測定する機器に対する需要は、プロだけでなく、地方自治体、NPOや一般家庭にも浸透する程に高くなっています。

ユーロピウム(Eu)を微量添加したヨウ化ストロンチウムの単結晶は、ガンマ線を受けると青く発光する性質があり、この光を光電子増倍管(PMT)で増幅して電流に変換して、間接的に放射線量とそのエネルギを測定します。現在、放射線測定用シンチレータの市場では、核種弁別能力(エネルギ分解能)が比較的低く安価なヨウ化ナトリウム(エネルギ分解能7%程度)の使用が一般的ですが、核種弁別にはエネルギ分解能のより高いものが求められています。

SrI2(Eu)シンチレータは、極めて高い分解能(4%以下)を持ちながら発光量も2倍以上あり、更に、雑音が少なく感度の直線性が優れているので、X線などの低エネルギの放射線から高エネルギのガンマ線まで対応できる、次世代の製品と期待されています。しかし既存品は米国RMD社のみであり、その価格も1インチ径で1個100万円程度と、非常に高価で入手も容易でないという現状があります。これは、1ppm(ppmは100万分の1)以下と極めて水分の少ない原材料を使う必要があり、また、独占的であることからも非常に高価になっていると考えられます。RMD社は、莫大な国家予算をかけ一流の研究者たち(ローレンスリバモア・オークリッジ両国立研究所、フィスク大学、RMD社)を結集して2003年から進められた、米国ホームランドセキュリティ計画のための高性能シンチレータ開発の成果をもとに、2012年に製品化しました。

ユニオンマテリアル櫻木社長(理学博士)は、1966年から東京大学物性研究所などで金属ハロゲン化物結晶の研究をしてきており、1986年に同社を設立後、化合物半導体やシリコンの成形結晶なども手掛けるなかで、溌液結晶化法という究極の成形結晶技術を確立しました。

今回のSrI2(Eu)シンチレータ単結晶はこのような技術の積み重ねによって完成したものです。RMD社はEu添加量1.6%以上のSrI2に関する特許を持っていますが、ユニオンマテリアルでは、結晶の品質を極限まで高めることによって、Eu添加量1.6%未満でも充分な発光量が得られることを確認しており、この範囲のEu添加量に関する特許は既に失効しています。櫻木社長は、今後製造設備の改善と増強を進めてコスト低減を図ると共に、引続き1.5インチや2インチの結晶製造に挑戦すると話しています。

当社は、シリコンなどに関する同社との長い共同技術開発などを経て、今回本製品の総販売代理店としての指定を受け、今日の発表に至りました。


<価格>

 SrI2(Eu)シンチレータ(直径25mm長さ25mm)サンプル価格:500,000円(税別)

 

【会社概要】

商号  : 株式会社アンペール

代表者 : 代表取締役社長 藤田 功

所在地 : 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-3 斎藤ビル

設立  : 1971年10月

事業内容: 真空計・ペルチェ温調システムなどの産業用コンピュータ応用製品、語学教育・会議システム、

コンピュータ周辺機器などの開発、製造、販売

資本金 : 22,200万円

URL   : http://www.ampere.co.jp/



■ 本件に関するお問合せ先
アンペール


【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

営業推進室 担当:金子

 

このページの一番上に戻る