産業機器ソリューション

ペルチェ、真空計、LSI制御等、開発製品をご提供

応用製品

 
 
 
 

バルスモータ・コントロールLSI

 

Macro5514 3軸パルスモータ・コントロール・ボード

 
Macro5514 3軸パルスモータ・コントロール・ボード
  • ISA(PC/AT)バスに準拠した3軸パルスモータ・コントロール・ボードです。

  • PPMC-104BFPを3個搭載しており、ISA(PC/AT)バス上のホスト・プロセッサから、簡単なコマンドとデータを与えることにより、プログラマブルにパルスモータを制御することが出来ます。

  • 4ビット補助入出力信号を基板上のカスタマイズ用コネクタに配線していますので、必要に応じて使用することが出来ます。

  • 製品には、カスタマイズ時に有用な回路図、PAL論理式、部品表、サンプル・ソフトウェアを公開していますので、短期間でフル・カスタマイズを図ることが出来ます。

→PPMC-104BFPG 製品情報
→PPMC-104BFPGの仕様を見る
 
 

Macro5521 3軸パルスモータ・コントロール・ボード

 
Macro5521 3軸パルスモータ・コントロール・ボード
  • 「Macro5521」は、ISA (PC/AT)バスに準拠したパルスモータ・コントロールボードです。

  • PPMC-111を搭載しており、ISAバス上のホスト・プロセッサから簡単なコマンドとデータを与えることにより、フレキシブルにパルスモータを制御することができます。

  • 回路図、PAL論理式、部品表、サンプルプログラムなどの情報を公開していますので、開発期間の短縮、開発費用の削減、信頼性の向上などを図ることができます。

→PPMC-111CG/CFPG 製品情報
→PPMC-111CG/CFPGの仕様を見る
 
 

Macro8005/Macro8014 4軸パルスモータ・コントロール・ボード

 
Macro8005
Macro8005
Macro8014
Macro8014
  • 一対のシリアル通信回線で最大16軸まで制御できます。

  • ASCIIモード(汎用シリアルポート接続)と高速バイナリモード(MWSC-101 接続※1)を選択できます。

  • 「Macro8014」は、ホストインタフェース、通信コネクタ、外部電源を選択できます(工場オプション)。

  • 「Macro8014」は、1軸、2軸、3軸タイプを用意することも出来ます。

→PPMC-112CG/CFPG 製品情報
→PPMC-112CG/CFPGの仕様を見る
 
 

Macro5516 3軸パルスモータ・コントロール・ボード

 
Macro8005
  • 一対のシリアル通信回線で最大16軸まで制御できます。

  • ASCIIモード(汎用シリアルポート接続)と高速バイナリモード(MWSC-101 接続※1)を選択できます。

  • 「Macro8014」は、ホストインタフェース、通信コネクタ、外部電源を選択できます(工場オプション)。

  • 「Macro8014」は、1軸、2軸、3軸タイプを用意することも出来ます。

 
 
 
→PPMC-2104AFPG 製品情報
→PPMC-2104AFPGの仕様を見る
 
 

Macro5611 3軸パルスモータ・コントロール・ボード

 
Macro5611 3軸パルスモータ・コントロール・ボード
  • PCIバスに準拠しています。

  • PPMC-2111を搭載しており、プロセッサ・ボードから簡単なコマンドとデータを与えることによってプログラマブルにパルスモータを制御することが出来ます。

→PPMC-2111BFPG 製品情報
→PPMC-2111BFPの仕様を見る
 
 

応用製品 サーボモータ・コントロールLSI

 
→PPMC-312AFPG 製品情報
→PPMC-312AFPGの仕様を見る
 

Macro5612 4軸サーボモータ/パルスモータ・コントロール・ボード

 
Macro5612 4軸サーボモータ/パルスモータ・コントロール・ボード
  • PCIバスに準拠しています。

  • PPMC-312を搭載しており、プロセッサ・ボードから 簡単なコマンドとデータを与えることによってプログラマブルにパルスモータを制御することが出来ます。

 
 
 
 

Macro8009 サーボモータ/パルスモータコントロール・ボード

 
Macro8009 サーボモータ/パルスモータコントロール・ボード
  • 「Macro8009」は、一対のシリアル通信回線に最大16チャンネルまで接続できるサーボモータ/パルスモータ・コントロールボードです。

  • PPMC-312を搭載しており、ホスト・プロセッサから簡単なコマンドとデータを与える事により、フレキシブルにサーボモータやパルスモータを制御することができます。

  • 技術情報を公開していますので、カスタマイズする際に、開発期間の短縮、開発費用の削減、信頼性の向上を図ることができます。

 
 

PPMD-1000 シーケンサ対応 インテリジェント・パルスモータ・ドライバ

 
PPMD-1000 シーケンサ対応 インテリジェント・パルスモータ・ドライバ
→ユニットはこちらから
 
 
 

このページの一番上に戻る